事例紹介

デザイン性のある塗り床 古くなったコンクリートを再生しました。

集合住宅の廊下の床をリニューアルしました。
築後、数十年も経過しますといろんなところが傷んできます。
耐久性のあるコンクリートでも、表面はどうしても汚れてきます。

施工前
         (施工前)

黒ずんだコンクリート床の洗浄から作業を開始します。
洗浄機を使い付着している汚れを落としていきます。

洗浄中   洗浄中
         (洗浄中)                     (洗浄中)

乾燥後、下地処理を施します。

下地処理   下地処理後
         (下地処理)                 (下地処理後)

接着性の強い下地処理材を塗りあげ乾燥させます。
乾燥後にプライマーを塗布して、目地材を敷きこみます。
この目地材が模様になるわけです。
丁寧に目地材を敷き、1回目の吹付作業を行います。

吹付中
        (吹付作業)

乾燥に時間がかかるので、翌日2回目の吹付を行います。

2回目吹付
         (2回目吹付)

2回目の吹付を行い、コテで表面を押さえていき、ゆず肌模様に仕上げていきます。
乾燥後、目地材を除去します。

目地材除去
        (目地材除去)

目地材除去、清掃して最後にトップコートを塗布していきます。

トップコート塗布
       (トップコート塗布)

トップコートを塗布して作業は完了です。
施工前と比較して頂くとお分かりのように、随分と明るくなりました。
コンクリート取り壊すことなく再生しました。

施工前   施工後
          (施工前)                   (施工後)

施工後
          (施工後)

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る