人造石研ぎ出し(人研ぎ)&テラゾーとは

今、細かくした砂利や大理石をセメントと混ぜ合わせ、塗り固めた上から研磨してつくる人工石のような工法が再注目されています。この工法には人造石研ぎ出し(人研ぎ)テラゾー(現場テラゾー)の2種類があり、それほどの違いはありませんが、使用する砕石の大きさの違いで区分されています。人造石研ぎだしは5mm程度の細かい石を使用し、テラゾーは12mm程度の大きな玉石を使用します。

人造石研ぎ出し(人研ぎ)

自然な素材感で今若者にも大人気の「人造石研ぎ出し仕上げ」!

人造石研ぎ出しは、天然の玉砂利等にセメントと顔料を混ぜ合わせ、表面を滑らかに仕上げる工法です。昔ながらの工法ですが、耐久性が高くしっとりとした雰囲気や自由な色彩を表現できるので、今また若者を中心に再注目されています。

人研ぎ鉢植え2 人研ぎカラーバリエーション2
人造研ぎ出し 人造研ぎ出し
特長1 自由な場所、自由な形に施工
  • 床面や壁などの平面だけでなく、手すりなどの曲面など、タイル等とは違って自由な形に施工できます。
  • 流し台、ベンチ、プランターなどの立体物への施工も可能です。

特長2 お好きなデザイン、色で作成します

  • 現場で顔料を混ぜ合わせて造っていくので、ご希望のオリジナルな色が表現できます。
  • 色だけでなく、混ぜ合わせる砂利の種類や大きさによって様々なデザインに仕上げられます。

特長3 耐久性に優れ、メンテナンスフリー

  • 古くから学校の手洗い場や階段、廊下の床、公園の滑り台などに用いられ、50年が経過した現在でも手直しすることなく使われている「人研ぎ」が多く残っているほど耐久性に優れています。
  • 「人研ぎ」はセメントと混ぜ合わせる玉石が硬化して表面を研磨することにより、ひび割れが少ないうえセメント以上に耐久性が高く、耐摩耗性、耐火性に優れています。

先人の知恵と技術を伝承したい

「人造石研ぎ出し」の技術は、高価な大理石などの代わりに先人が考え、譲りうけた日本の大切な技術です。聚楽壁、漆喰壁、土壁などもそうですが、日本の四季が織りなす暑さ、寒さや湿気に耐えうる素材がつまった素晴らしい技術を、未来に残していきたいと考えて活動しております。

人研ぎ階段手すり築40年の小学校の階段手すり  人研ぎ学校の廊下
築40年の小学校の人研ぎの廊下

施工のながれ

下地

土台としての形をつくります。コンクリート、ブロックなどしっかりとした下地をつくります。

フロー

プライマー塗布

表面が完全に乾燥したことを確認して、プライマー(接着剤)を塗布します。

フロー

下塗り​

プライマーが乾燥したのを確認し、下塗りを行います。これは次の中塗りの材料を強固に接着させるための作業です。

 

フロー

中塗り​

下塗りの上にモルタルを塗り付け、角や丸くなる部分、寸法などの最終的な形をつくります。

 

フロー

​仕上げ塗り

セメント、砂利、顔料を混ぜ合わせたモルタルを表面に塗り付けます。

 

フロー

研ぎ出し

研磨機を使って表面を磨きあげます。人造石研ぎ出しならではの表情が出るまで時間をかけてひたすら磨きます。
フロー

完了

気温や天候によってモルタルの乾燥時間は変わってきます。早すぎると深く研磨してしまい、遅すぎると固くなりすぎて研磨ができなくなります。ほどよい時間が経過したあとに丁寧に磨きあげて行くのがポイントです。
人造石研ぎ出し(人研ぎ)とは

人造石カラーバリエーション

様々な種類の色の中から選ぶだけでなく、混ぜあわせることで自由な色を作り出すことができます。
ほんの一例です。顔料を混ぜることにより、無限大に広がります。

人造研ぎ出し 施工
寒水石+黄色
人造研ぎ出し 施工
寒水石+緑色

人造研ぎ出し 施工

寒水石+白色

人造石ブルー

寒水石+青色

施工事例紹介

人造石研ぎ出しベンチ

人研ぎベンチ施工の流れ
人研ぎベンチ 施工中
人研ぎベンチ完成
人研ぎベンチ 完成

人研ぎプランター

人研ぎ鉢植え施工人研ぎプランター 施工中  人研ぎ鉢植え完成
人研ぎプランター 完成 

よくある質問 Q&A

どのような場所に施工できますか?

壁や床、階段、立体物もつくることが可能です。平面だけでなく、曲面や立体物も作ることができるのが人造石研ぎ出しの特徴です。小学校の廊下の床、階段、公園の滑り台などに古くから使われています。

性能で評価されることとは?

普通のセメントモルタルは乾燥、収縮を繰り返すことでひび割れが入りやすい性質を持ちますが、人造石研ぎ出しの場合はセメントと混ぜ合わせる玉石が硬化して、表面を研磨することによりセメント以上に耐久性が高くなり、耐摩耗性、耐火性に優れています。

ひび割れはしませんか?

材料がセメントなので大面積の場合は目地を設けます。
前もって目地を配置する場所を決めておき、真鍮目地や木製目地を固定しておき、乾燥すれば取り除いてひび割れ対策目地としてとりつける場合もあります。

テラゾー(現場テラゾー)

テラゾー テラゾー

テラゾーとは人造石研ぎだしと比べて施工方法はそれほどの違いはありませんが、使用する砕石の大きさの違いで区分されています。人造石研ぎだしは5mm程度の細かい石を使用し、テラゾーは12mm程度の大きな玉石を使用します。大きめの玉石を使用することでテラゾーの方が塗り厚さが厚くなります。

カナリア/ホワイト
カナリア/ホワイト
カナリア/イエロー
カナリア/イエロー

・上記はカナリアの石を使ったホワイトとイエローの事例です。カラーを変えることにより雰囲気が変わります。下記カラーバリエーションからお選び頂けます。

花崗岩/ホワイト
花崗岩/ホワイト
ブルーガラス/ホワイト
ブルーガラス/ホワイト

・上記は花崗岩とホワイト、ブルーのガラス骨材とホワイトの組み合わせです。ガラスにはグリーン、ライトブルー、クリアー、ブラウンなどがあります。多彩なカラーとの組み合わせが可能です。

デザインバリエーション

White Mirror Dalmatian White Colorchart Beal Office
   

・使用する石によって粒の形、色が変わります。

カラーバリエーション

イエロー
イエロー
オレンジ
オレンジ
ワイン
ワイン
ダークコーヒー
ダークコーヒー
グレー
グレー
ダークグレー
ダークグレー
キャメル
キャメル
コーヒー
コーヒー
ホワイト
ホワイト
グリーン
グリーン
バイオレットブルー
バイオレットブルー
ブルー
ブルー

・基本的な全体の色です。セメントに顔料を混ぜることによって色を付けます。
・色はほんの一例です。薄いピンクやブルー、バイオレット、ベージュ等、お好きな色でお造りします。

テラゾー施工事例はこちら