SDGsの取り組みについて

SDGsの目標12  

地球規模での資源問題に直面している現在において廃棄物の再利用に取り組んでいます。
家庭からでた、ビンやガラス、茶碗やお皿などの陶磁器、瓦やタイルなどの廃材を再利用します。
廃棄物として処分されていたものを細かく粉砕して、骨材としてセメントと混ぜ合せて製品化します。
大理石風デザイン工法の骨材として、また床舗装材として再利用し、床や壁面、立体的なものに仕上げます。

茶碗やお皿などの陶磁器の再利用

粉砕した陶磁器 茶碗やお皿などの廃棄されたものを粉砕した陶磁器です。

陶磁器を再利用し大理石風に仕上げました。

再利用した陶磁器を粉砕して大理石風に仕上げました。
床や壁材、家具、天板、什器などにうまれ変わります。
大理石風デザイン工法

廃棄されたガラスの再利用

粉砕したガラス  家庭からでたコップやビンなどの廃棄されたものを粉砕したガラスです。

廃棄ガラスを再利用し大理石風に仕上げました。

グリーンの廃ガラスを使用したデザイン工法 2~5㎜の廃ガラスを使いセメントと練り合わせて10㎜の塗り厚さに仕上げました。
大理石風デザイン工法
ライトブルーの廃ガラスを使用した大理石風デザイン工法 2~5㎜の廃ガラスを使いセメントと練り合わせて10㎜の塗り厚さに仕上げました。
大理石風デザイン工法

廃棄された瓦の再利用

粉砕した瓦 廃棄された瓦を粉砕しました。

瓦を再利用し大理石風に仕上げました。

2~3㎜の粒度の粉砕した瓦を使いセメントと練り合わせて5㎜の塗り厚さに仕上げました。
大理石風デザイン工法

5~12㎜の粒度の粉砕した瓦を使いセメントと練り合わせて15㎜の塗り厚さで仕上げました。
大理石風デザイン工法

上記のようなガラスや陶磁器、瓦などの廃棄物を再利用して床や壁材として、ベンチやプランター、家具や什器のような立体的なものにも、大理石のような風合いに仕上げます。

事例

テラゾー 施工
店舗のカウンター
⑤設置後
大型プランター
人造研ぎ出し
ベンチ
公園ベンチ
ベンチ

*廃材によっては外部に不向きなものがありますのでご相談下さい。

大理石風デザイン工法とは