モールテックスとは

モールテックスの特徴

優れた防水性能
浴室等の水場にも施工可能です。シャワールーム、洗面台、シンク、水の流れを演出する壁などの使用にも最適です。防水性能を持っていますが、防水材ではありません。

リノベーションにも最適
高い耐久性、柔軟性、施工面の薄さ、驚異の接着力によって様々な下地に施工可能です。

モールテックスの性能

防水性
形成された層は水を透しません。用途によっては適切な保護材の防止加工が必要です。

耐久性
高い圧縮強度と耐摩耗性に優れています。

接着性
様々な下地に接着します。木材、石材、陶器、金属、タイルなどの下地に接着します。

柔軟性
たわみに追随する柔軟性があります。(構造上の動きには追随しません。)

層の薄さ
施工厚さが2~3mmなのでリノベーションや家具など、制限のあるものへの薄塗り施工が可能です。

モルタル家具をおつくりします。

・汚れてしまったお気に入りの家具。
・大切な方から譲りうけたが傷がついてしまった家具。
・汚れが目立つテーブル。
・オリジナルのモルタル家具をつくりたい

こんなことでお困りではありませんか?


(傷がついてしまった家具) 

(施工前のテーブル板)

   
モールテックスなら、そんな悩みを解決します!

・モールテックスは、水を透さない薄く強靭な仕上げ層をつくる左官塗り材です。
・優れた機能性と高い意匠性を持ち合わせています。
・浴室、洗面台、床、キッチンなどの表面を鉱物性のコンクリートの表情におつくりします。
・ベルギー生まれのセメント材です。

 浴室の壁

  階段

無限の色合いが可能で、あらゆるものへ塗りつけることができる画期的な素材です。
木材、石材、陶器、金属、織物などモールテックスとよく調和します。
とくに木材に直接、塗れるのが一番の強みです。

モールテックス施工 ビフォーアフター


(施工前) 

(施工後)

・木材を天板にしてモールテックスを塗り、脚を取り付けてテーブルをつくりました。

モールテックス施工 ビフォーアフター➁


(施工前) 

(施工後)

・傷ついたテレビ台にモールテックスを塗りつけ、家具をリノベーションしました。

モールテックス施工の流れ

下地処理

良い仕上げには表面の下地処理が極めて重要です。先にアク止め材を塗りつけ、乾燥後に破損やくぼんだ部分のパテ処理を行います。

フロー

プライマー塗布

表面が完全に乾燥したことを確認してプライマー(接着剤)を塗布します。

フロー

モールテックス塗りつけ

プライマーが乾燥したのを確認し、モールテックス材を塗りつけます。場合によっては、2回、3回と繰り返し塗りつけます。

フロー

研磨、保護材塗布

研磨機を使用して表面を磨いていきます。粗削りから行い、細かいペーパーで仕上げていきます。均等に磨いてから保護材を塗布します。

フロー

完成

保護材が乾燥すれば完成です。用途によった保護材をお選び下さい。

基本カラーは64色

施工事例はこちら