事例紹介

剥がれたタイルの床、ひび割れた床 ビルのエントランスをリニューアルしました。

今回はビルの道路に面した部分の床のリニューアル工事です。

施工前 施工前
         (施工前)                   (施工前)

タイルが剥がれていたり、下地のコンクリートが大きくひび割れている部分もありました。
所々のタイルがなくなっていて、打音検査をするとポコポコと音がして接着していない箇所が
多かったため、今回はタイルを撤去することになりました。
また、数十年も経過してしまいますと、同じタイルはすでに生産中止していることが多く、
同じようなものを探すにも困難な状況でありました。

まずは、床のタイルの撤去から作業を開始します。
近隣には住宅も多く、大きな振動がでるようなコンプレッサーの斫り機械を使うことができないため、
電動工具を使用してタイルの撤去を行いました。

タイルの撤去
       (タイルの撤去)

タイルを撤去して下地のコンクリートの状況が分かりました。
ひび割れやコンクリートの浮き、場所によって様々な状態でありました。
ひび割れた箇所には樹脂を注入、コンクリートが浮いた部分は撤去してコンクリートを再度打ち直しました。

下地処理 下地処理
         (下地処理)                (下地処理)

これまでになかったほどの割れ、コンクリートの浮きが多くあり、こえまでに経験してきた知識を
フル活用して下地処理を施しました。
この下地処理に多くの時間を費やしました。
また、適材適所に最もあう樹脂を数種類使いわけして注入しました。
最近では優れた樹脂が数多く出ています。

下地処理 下地処理
         (下地処理)                (下地処理)

下地処理材が十分に乾燥したことを確認して次の仕上げ工事にかかります。
プライマーを塗布して目地材を敷きこみます。

目地材敷き込み
      (目地材敷き込み)

1回目、2回目の吹付作業を行います。

1回目吹付 2回目吹付
        (1回目吹付)                 (2回目吹付)

乾燥後、目地材を除去してトップコートを塗布して作業は完了です。

トップコート塗布
       (トップコート塗布)

今回はタイルの撤去から始まり、浮いたコンクリートの撤去、新設、樹脂の注入、不陸調整、
最後の仕上げ工事と長丁場になりました。

施工後 施工後
          (施工後)                  (施工後)

色を付けて仕上げてしまうと、下地の状態、どのような下地処理を施したのかが
見えなくなります。
この下地処理が大事な作業になり、後々の施工不良の原因にもなります。
これからリフォーム工事などを検討されている方はどのように作業手順を
ふんでいき、どのような材料を使い、どのように処理をしていくのかを
業者に聞いてみて下さい。
納得するまでの丁寧な説明ができるか、お客様は専門家ではないので、
分かるようにかみ砕いての説明をしてくれるか、それが失敗しない業者選びなのかなと思います。

施工前 → 施工後
          (施工前)                     (施工後)

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る