事例紹介

人造研ぎ出し工法で白のベンチをつくりました。 寒水石の人研ぎ 磨き仕上げ

住宅のお庭に人造研ぎ出し工法で白のベンチをつくりました。

施工前
         (施工前)

コンクリートの躯体のうえに仕上げていきます。
まずはプライマーを塗布して作業開始です。

プライマー塗布
      (プライマー塗布)

今回は大きなベンチということもあり、ひび割れ防止のために目地を設け3分割で仕上げます。
手順としては下塗り、中塗り、仕上げ塗り、研ぎ出しとなります。

下塗り
        (下塗り)

モルタルでコンクリート下地のうえに下塗り作業をおこないます。
その後の中塗りの材料の接着もよくなります。

中塗り
        (中塗り)

乾燥させた下塗りのうえに中塗り作業を行います。
この作業でベンチとしての形を造っていきます。
角のなる部分には丸い面をとり、座面には水が溜まらないように勾配をとります。

中塗り
         (中塗り)

中塗りを十分に乾燥させてから仕上げ塗り作業を行います。
この作業で最後の色になる材料を塗りこみます。
今回の色は白で寒水石を混ぜての仕上げです。

仕上げ塗り
        (仕上げ塗り)

仕上げ塗りでも角になる部分には丸い面を取り、寒水石を伏せ込むようなイメージで仕上げます。
研ぎ出せる程度の硬化期間をおいて磨いていきます。

磨き作業中
         (磨き作業)

この磨き作業に最も時間をかけ精度をよくしていきます。
表面に寒水石が均等に浮き出るようなイメージを持ちながら磨きをかけます。
この磨き作業の一段階前の仕上げ塗りの作業でも、最終的に寒水石が浮き出るように
塗付けて行かなければなりません。

完了後   完了後
         (施工後)                    (施工後)

目地部分を仕上げて作業は完了です。

完了
          (完了)

この人造研ぎ出しは昔ながらの工法で、小学校の廊下や階段の床、手洗い場や公園の滑り台などに用いられてきました。

21IMG_9032   階段の人研ぎ
         (手洗い場)                    (階段)

おそらく築30年、40年経過していると思われますが、現在でも上記の写真のように使用されており、
いかに耐久性があるかを感じさせられます。
物もない時代に創意工夫されてつくられた先人の知恵というのはすばらしいものです。

         

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る