事例紹介

コンクリート、ブロックの花壇 笠木 岩肌調でつくりました。

コンクリート製の花壇の天端に岩肌調の笠木をつくりました。

施工前   施工前
          (施工前)                    (施工前)

コンクリートも数年経過しますと表面についた汚れが目立ってきます。
今回は建物の顔でもあるエントランスをリニューアルさせて頂きました。
まずはコンクリートの洗浄から作業を開始します。

洗浄中
         (洗浄中)

表面に付着した汚れを取り除きます。
びっくりするぐらいに汚れが落ちていきます。
最近の高圧洗浄機は優れたものが多く、手ごろな価格でホームセンターでも購入できますので
お勧めです。
下地処理を施してから本工事にかかります。
この下地処理が重要です。いい加減な処理をしますと後々の施工不良をおこす原因に
なりますので、私はこの作業を時間をかけて行います。

ひび割れ部分
  (コンクリートのひび割れ部分)

ひび割れた部分があり、エポキシ樹脂系の材料を注入しました。
(コンクリートその部分の割れを止めることができたとしても、新たなひび割れが発生することがあります。
 例えば地震があったとします。割れを止めた部分以外の弱い部分に力がながれていきますので、
 新たなひび割れが発生することも考えられます。)

ひび割れ処理  ひび割れ処理
       (ひび割れ処理)              (ひび割れ処理)

注射器のような道具で樹脂を注入していきます。
そして、仕上げ材との接着をよくするための下地材を塗付けます。

プライマー塗布  下地材塗付
       (プライマー塗布)               (下地材塗付)

十分に乾燥させてから型枠の段取りにかかり、モルタルを塗付けます。

モルタル塗り付け  モルタル塗り付け
       (モルタル塗付後)             (モルタル塗付後)

石目調の型を付けて完全に硬化するのを待ちます。

モルタル塗付
       (モルタル塗付)

今回は立ち上がり部分も岩肌調で仕上げました。
硬化してから、陰影をつけるための着色をして完成です。

天端モルタル笠木  天端モルタル笠木
        (モルタル笠木)              (モルタル笠木)

壁面にも塗付け行いました。

施工前  →  施工後
         (施工前)                      (施工後)

コンクリートはお化粧をするような感覚で様々なものにうまれ変わります。
古くなったコンクリートの壁が新しく変身しました。

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る