事例紹介

腐ってしまう枕木 耐久性のあるコンクリートで枕木をつくりました。

今回はミキサー車で運んできたコンクリートを使って枕木を敷き並べた床をつくりました。
本物の木を使うのが一番よいわけですが、どうしても腐食してしまいます。
また、木の場合は駐車場の床として車の重量に耐えうる問題も考えなければなりません。
そのようなことも考慮してコンクリート製の枕木を敷き並べたような車も止めれるスペースをつくりました。

まず始めにコンクリートを打設します。

コンクリート打設
      (コンクリート打設)

コンクリートを打設するときの重要なポイントは後に水が溜まらないように勾配を取っておくことです。
また、ジャンカ、巣穴ができないように、コンクリートが密になるよう締め固めを行います。

生コン打設後
       (生コン打設後)

打設が済んだあとは、ハードナーを散布します。
ハードナーとはカラーセメントと耐摩耗性無機硬質骨材を配合したものです。
次に木目調のゴムのマットで型押しして枕木の模様をつけていきます。

枕木の模様付け
       (枕木の型押し)

枕木の模様がついたところで今日の作業は終了です。

模様付け完了
       (模様付け完了)

日数をおいてコンクリートが硬化するのを待ちます。
硬化したのを確認してから仕上げの作業にかかります。
ここからの作業がいかに枕木として造っていくかの重要なポイントになります。
色を加え、塗りたし、削りおとし、時間をかけて行います。

コンクリート製の枕木
   (コンクリート製の枕木完成)

型枠を外して仕上げ工事をし完了です。
コンクリート製で耐久性も優れており車の乗り入れも可能です。
駐車場に枕木を敷き並べた床が完成しました。

枕木の床   枕木       

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る