事例紹介

長尺シートから耐久性に優れ、高強度の床に塗り替えました。

今回はマンションの1階の廊下の床をリニューアルしました。
タイルと長尺シートが貼ってある床です。
タイルは破損したり、剥がれている部分もないのでそのまま再利用しました。
長尺シートは水がまわり、剥がれて浮いている部分がみられたので剥がして
新しく塗り替えました。

施工前    長尺シート貼り 
         (施工前)                    (施工前)

床の洗浄、長尺シート剥がし作業から始めます。

洗浄中   長尺シート剥がし作業中
         (洗浄中)                 (長尺シート剥がし)

タイルやコンクリート部分の床は洗浄機を使って汚れを落とし、長尺シートは電動工具を使って剥がしていきました。
長尺シートは水がまわって接着剤が劣化して、引っ付いておらず簡単にはがせることができました。
水もたっぷりと含んでいて、雨があたる場所では向かないようです。

下地処理
        (下地処理)

既存の床に下地処理を施します。
タイル面は破損や剥がれている部分もなく、そのまま下地処理材を塗りこみました。
この下地処理が接着をよくします。

目地材敷き込み
       (目地材敷き込み)

乾燥後、プライマーを塗布して目地材を貼りこみます。

吹付中    吹付中
         (吹付中)                      (吹付中)

続いて1回目の吹付を行い、乾燥後に2回目の吹付を行いました。

トップコート塗布
       (トップコート塗布)

目地材除去、清掃、トップコートを塗布して作業は完了です。

施工前  ⇒  施工後
          (施工前)                      (施工後)

今回は賃貸マンションの1階廊下床の施工でした。
30部屋ほどの方が住まれており、普段の生活をされての作業でした。
1階の廊下なので、頻繁に通行される場所です。
通行止めにすることもできないので、必ず通れる場所を設け、入居者様からのクレームがないように
注意を払って作業を行いました。
古くなった床や壁をリニューアルさせることが多々あり、難しい場所での作業がほとんどです。
普段からそう言ったことも多く、慣れていることも今回もクレームもなく、スムーズに作業を
終えることができました。

作業後  作業後  
             (施工後)                             (施工後) 

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る