事例紹介

汚れたコンクリートの床 ステンシル目地を使ってリニューアルしました。

今回は集合住宅の廊下のコンクリート床をリニューアルしました。

施工前   施工前          
          (施工前)                    (施工前)

コンクリートも年月が経過すると黒ずんで汚れたり、油のしみやひび割れが発生します。
汚れは中々落ちないので、既存のコンクリートを利用してリノベーションします。
まずは洗浄から作業を開始します。

洗浄中
         (洗浄中)

コンクリート表面に数十年分の汚れが付着しているので、洗浄液も使い落としていきます。
続いて、下地材を塗りつけます。
既存のコンクリートと仕上げ材の接着をよくします。

下地塗り
        (下地塗り)

模様となるステンシル目地材を敷き込み、吹き付けて仕上げていきます。

吹付後
        (吹付完了)

2回吹きを行い、トップコートを塗布して完了です。

吹付後
        (2回目の吹付後)

下地処理から始めて作業は3日間です。
もちろん、住んでおられる方もいらっしゃいますので、生活に障害が出ぬよう
作業をすすめてまいりました。

古くなったコンクリートの床も取り壊すことなく、きれいに再生できます。

施工前 ➡  施工後
         (施工前)                      (施工後)

施工前 ➡  施工後
         (施工前)                      (施工後)

施工後         
              (施工後)

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る