事例紹介

古いデザインのタイルを撤去して玉砂利と樹脂を使用して床舗装を施工しました。

今回はビルの犬走りの床の改修工事です。

IMG_0034 IMG_0043

デザイン的にも古く、汚れている箇所もありました。
築20数年とお聞きしまして、そのころのタイルは滑り止めに対応しているものがなく、今回もそうでしたが斜面では滑って転んだこともあるとのことでした。

タイルの撤去から作業開始です。
古いタイルは撤去も案外、たやすくできるものです。
電動工具だけで斫りとることができます。

IMG_0061 IMG_0060

タイルを斫りとったあとの床はキズがついてあったり、不陸があったりとこの状態では仕上げの材料を塗り込むことができないため、下地処理を施しました。

IMG_0078 IMG_0082

新しくコンクリートを打設したり、モルタル補修をおこない、しっかりとした下地が完成しました。
何でもそうですが、この下地処理が肝心です。怠ると最後の仕上がり具合で施工不良を起こしてしまいます。
いつもこの下地処理作業には時間をかけて、より良い方法を考えてすすめています。

IMG_0143

下地のコンクリートが乾燥してから、後日、自然石樹脂舗装を施しました。
天然の玉砂利を使用していますので、まわりの景観とも馴染みやすい特徴があります。
ノンスリップ材を散布しています。いずれは効果がなくなってくるので、その時はメンテナンス材を使用すればよみがえります。

IMG_0042 IMG_0144
             (施工前)                            (施工後)

IMG_0043 IMG_0142
             (施工前)                            (施工後)

コンクリート下地で水溜まりができないようにして、またひび割れ処置も施してあります。
今回はビルのオーナー様と作業をすすめてまいりました。
オーナー様は建築のプロでおられてので工事もスムーズにすすみ、無事に作業を終えることができました。

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る