カラー舗装とは

 

カラー舗装の特長

1.カラーサンドやカラーガラスを使った、デザイン性に優れた舗装

お好きなカラーをお選び頂くことで、デザイン性に優れた床をつくります。

2.短期間で施工が可能

施工数量や下地の状態にもよりますが、最短で1日で施工可能です。

3.水たまりができにくく、水はけのよい舗装

雨水などは施工したカラー舗装を浸透させて路床をながれていくので水たまりができません。

カラー舗装とは

天然の硅石や砂石等を特殊加工し、顔料を焼成熔着したものを樹脂と練り合わせて床に塗る塗り床材です。
もちろん、壁にも施工可能です。
2~3mmの厚さで施工可能となりました。薄塗り仕上げで既存の床がうまれ変わります。
例えば、コンクリート床のリフォーム工事では既存の床の高さ、会所枡、グレーチング、雨水や汚水の蓋のまわりなどではコンクリートの高さでフラットに仕上がっていることもあり、新たに厚く塗ってしまうと段差ができてしまいます。
このカラーサンド舗装では薄塗り仕上げのため、段差を感じることなくリニューアル可能です。
ウレタン樹脂と練り合わせることにより、耐久性に優れ、耐摩耗性、耐油性、耐薬品性に優れています。
ウレタン樹脂は他の樹脂に比べて耐候性があり、黄変することがなく推奨しております。
また、昨今では天然の砂利が世界的にみても採掘されにくくなっています。商品によっては廃盤になったものもあります。
焼成熔着した骨材を国内で生産していることで安定に供給ができ、色のばらつきのない床をつくりあげます。

 

施工事例

カラーを混ぜ合わせたり、色を数種類使用することでオリジナルの床をつくります。
文字を入れたり、キャラクターを描いたりと無限大に広がります。

ご希望のデザインをおつくりします。 世界にひとつだけのオンリーワンを提供。


BEFORE


AFTER


BEFORE

AFTER

上記はアスファルト路面のうえに施工しました。カラー舗装は透水性なので水溜まりができません。
アスファルト自体も透水性を使っているため、その底へと水がながれていきます。
また、コンクリートの床の場合では、コンクリート自体に水が溜まらないように勾配がついているので、その上を水がながれることで水が溜まらない仕組みになっています。

 

カラーバリエーション