スタンプコンクリート舗装

塗り壁創造館のこだわり

1.数あるメーカーの中から 場所に応じて最適な材料をチョイスします。

「 Made in 日本 」 の商品を使用。
今までのスタンプコンクリートの商品はアメリカ、オーストラリア産がほとんどでした。私どもは安価で良質、耐久性の優れた国内のメーカーを使用。

2.他では見ることのできない リアルな空間を演出します。

高級感をだす、木目調、石目調、岩肌調など進化したスタンプコンクリートでお客様から高い評価を受けています。

3.摩耗 ・ 色落ち ・ 強度 に優れた高質のカラーハードナ―を使用します。

けい砂の配合により摩耗強度を高めています。一定量以上の顔料をブレンドすることにより色落ちを防いでいます。
減水材のバランスにより、少量の水でなじませることができ、強度を高めています。

スタンプコンクリート舗装

コンクリートを、天然石、岩肌、タイル、木目調など本物そっくりに表現することができる画期的な手法です。コンクリートに印鑑を押すように色と形をつけていきます。
天然材に比べ施工期間が短く、費用が大幅に節約できる上、コンクリートなので屋外に施工しても腐食の心配がなく、耐摩耗性に優れています。

当社使用するモールド(型)・ハードナー(骨材)

スタンプコンクリートは数十年前にアメリカから普及されました。
主に商業施設で使用されていましたが、近年、大学、住宅、公共施設でも採用されるようになりました。
今までのモールド(型)、骨材はアメリカ、オーストラリア産が主流でしたが、彫りの深い、リアルに表現できる、Made in 日本のモールド(型)を使用。
色落ち、色あせのない、Made in 日本のハードナー(骨材)を使用。
これまでのスタンプコンクリートでは色落ち、劣化など問題点もありましたが、日本の材料を使うことによって、そのような心配はありません。

一般のスタンプコンクリートの問題点

  • 色が褪せる
  • 色が落ちる
  • 剥がれる  など

スタンプコンクリートの問題点、欠点 事例1

(5年経過のスタンプコンクリート)

実際に現地で確認しましたが、かなり色落ちしていて、コンクリートのグレーの色が表面に出て、せっかくのスタンプコンクリートも台無しです。

これは、下記のような問題が推測されます。

  • 輸入ものを使っている。
  • 規定通りの材料を使用していない。
  • その後の手入れもされていないこと。
  • 業者から手入れの説明もされていない。

スタンプコンクリートの問題点、欠点 事例2

(1年未満のスタンプコンクリート)

  • 規定の材料を使っていない
  • 最後のトップコートに原因がある

このような問題ががあることが、現場施工のプロが見れば一目瞭然です。
私ども、認定施工店ということで、メーカーとともに歩んでおります。
もし、上記のようなこと、規定の数量を使わない(数量をごまかす.)ことで、問題点がおきますと、メーカーから施工店のライセンスが取り消され、材料を仕入れることが出来なくなるシステムになっておりますので、このような心配は一切ありません。
また、このような事例があってもリニューアル材でよみがえりますので、あきらめないでご連絡下さい。

モールド(型)

スタンプコンクリートには下記のようなデザイン(模様)があります。( 一例です。)

(ランダムストーン )         (ビンテージウッド)

(シームレス)          (フレミッシュスレート)

(フィッシュスケール)

ヴィンテージウッド 枕木ロック 枕木 フレンチグレニット ランダムストーン フレッシュストレート フィッシュスケール シームレス(ビシャン) シームレス ティンバー

上記は一例です。他にも数種類ありご希望の型をご案内させて頂きます。

スタンプコンクリートの事例はこちら
 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから

デザイン舗装

お問合せ・見積依頼

塗り壁創造館|072-286-6000

Mail:info@nurikabe-souzoukan.com
東京 〒133-0056
東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038
大阪府寝屋川市池田新町11-4

お問合せ・見積依頼はこちら
 

このページの先頭へ戻る