事例紹介

滑りやすい塗り床のリニューアル工事。滑り止め効果がある床に再生しました。

今回はウレタン製の塗り床の駐車場をリニューアルしました。
劣化も激しく、部分的に剥がれている箇所もありました。
つるつるとした表面なので、雨が降ると滑りやすいという問題もありました。

施工前
             (施工前)

見えない部分にも今にも剥がれそうなところが多くあり、削り落としてから仕上げることにしました。
塗り床を剥がす作業から始めます。
簡単に剥がせる部分は手作業で機械も併用して作業を進めます。

除去
           (塗り床の除去)

塗り床を剥がしていくとコンクリートの表面が出てきました。

コンクリート下地
        (下地のコンクリート表面)

コンクリートも部分的に劣化しており、その部分を除去して新たにコンクリートを
打設して強化します。

コンクリート下地 コンクリート下地
           (コンクリート下地)                    (コンクリート下地)

割れた部分には樹脂を注入して下地処理を施します。

プライマー塗布
           (プライマー塗布)

一通りの下地処理を終えてからプライマーを塗布して仕上げの工程へと進みます。
プライマーを塗布して目地材を敷き込み、吹付け作業を行います。

目地材敷き込み 吹付け後
           (目地材敷き込み)                       (吹付後)

目地材除去
            (目地材除去)

乾燥後、目地材を除去、清掃して最後にトップコートを塗布して作業は完了です。

施工前施工途中
              (施工前)                          (施工途中)

施工後
              (施工後)

長い年月が経ちますとコンクリートの劣化も進み激しく傷んできます。
新しくコンクリートを斫り飛ばしてやり替えることが可能であれば、一番よいのですが、
場所柄、騒音、日程、条件等のこともあり、新しくコンクリートを打ち直すことができないのが現状です。
今あるものを再利用して新しいものに生まれ変わるリニューアル工法です。
のちに何かあっても補修ができる商材となっております。
いずれはトップコートが紫外線等で傷んできます。その時期にメンテナンスすることで
耐用年数が伸びます。悪い部分を直し、トップコートを塗布する作業となります。
都内での作業でしたが、普段歩いていてもコンクリートが古く劣化した物件をよく見かけます。
下地から直して仕上げまでを行います。
お困りごとがございましたら、ご一報下さい。

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る