事例紹介

古くなったコンクリート床のリフォーム 石目調に仕上げました。

今回は汚れたコンクリートの床をリニューアルしました。
雨に打たれた部分は黒ずみ、ひび割れたところもありました。

施工前
         (施工前)

まずはコンクリート床の洗浄から作業を開始します。
洗浄機を使って汚れを落としていきます。
それだけでもコンクリートの黒ずみは落ちるのですよ。

洗浄中  洗浄中
         (洗浄中)                   (洗浄中)

乾燥後に下地処理を施します。
コンクリートの破損部分や段差等を直します。

下地処理後
       (下地処理後)

続いて、プライマー塗布、養生、目地材敷き込み作業を行います。

目地材敷き込み
       (目地材敷き込み)

この目地材が最終的な模様になります。
続いて、1回目の吹付作業を行います。

吹付  吹付
        (1回目吹付)                (1回目吹付)

乾燥後、2回目の吹付作業を行います。

2回目吹付  2回目吹付
        (2回目吹付)                (2回目吹付)

乾燥後、目地材、養生を撤去します。

目地材撤去
        (目地材撤去)

清掃後、トップコートを塗布して作業は完了です。

施工後  施工後
         (施工後)                   (施工後)

施工前と施工後を見て頂ければお分かりのようにずいぶんと変わりました。
もちろん住居ですからお住まいになられており、普段通りの生活に支障が出ないよう、
配慮しながらの工事となります。
入居者様とコミニケーションをとり、クレームや問題もなく作業を終えることができました。

施工前  施工後

 

お問合せ・見積依頼


塗り壁創造館
東京 〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-3-1
大阪 〒572-0038 大阪府寝屋川市池田新町11-4
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|0120-73-8883
  • メールでのお問合せはこちらから
 

このページの先頭へ戻る